春の日の花と輝く

春の日の.jpg

今日は本来なら直方&八幡の「マンドリン講座」のレッスン日なんですが、コロナの影響で今月いっぱい練習会場が使えないので、ちょっとゆっくりしています。先ほどは、下関での練習会場の使用自粛要請による会場費払い戻しの手続きのため、事務局と協議をし、いまは4月の「くらいねギター教室ティータイムコンサート」のための曲を練習しています。コンサートのお題が『さくら』にちなんだ「色とりどりの花の曲」という事で、アイルランド民謡の「春の日の花と輝く」による変奏曲・・というのを選んでみました。ジュリアーニのアレンジが有名ですが、今回は19世紀末から20世紀前半に活動したアメリカのギタリスト・作曲家のウィリアム・フォーデンという人の作品です。序奏、主題と3つの変奏、フィナーレから成っています。ほかにも花にちなんだ曲を演奏します。

今夜は、珍しく外飲みです。

この記事へのコメント

最近の記事