半藤一利さん

作家・元編集者の半藤一利さんが亡くなられました。

氏の書いた「昭和」関連の本、だいぶ読みました。

「ノモンハン」に代表され氏が厳しく追及しておられた、日本軍の“無計画・自己過信・優柔不断”・・いまの日本のあちこちにまだまだはびこってます。それも、責任ある立場になればなるほど、自分にとって嫌なことは「見ざる(ない事にする)聞かざる(はぐらかす)言わざる(自己弁護には饒舌になる)」ですね。

まあ、そもそも敗戦の責任を取らなかった人たち(とその子孫)が戦後日本を牛耳ってきたので、結局変わりようがなかったのかな・・

この記事へのコメント

最近の記事