アイテム

20210120_205222-1.jpg

先日、うちの奥さんと一緒に山口市の幼稚園で園児(と先生方)の皆さんに演奏を聴いていただきました。
その折に使用した小道具です。

「山の音楽家」という曲があって、いろんな動物が楽器を奏でるんですが、「こりすちゃん」のキュキュキュッキュッキュッでは“マンドリン(ほんとはバイオリン)”、「うさぎさん」のポポポロンポロンでは“ギター(ほんとはピアノ)”、「小鳥さん」のピピピッピッピッでは“笛(ほんとはフルート)”、「タヌキさん」のポコポンポンポンでは「でんでん太鼓(ほんとは太鼓)」を使いました。

二回演奏したうち、一回目のマンドリンはまあまあ成功でしたが二回目ではピックがどこかに行ってしまい、とっさに指ひきになったのでトレモロができませんでした。

笛(水笛?)では水の入れ加減が結構難しく、いろいろ研究してみました。少々顔に水がかかりましたが。

「でんでん太鼓」、きれいにカランカラン鳴らすには手首を柔らかく使うのがコツのようです。

こどもちゃんたちに楽しく聴いていただけたようで、嬉しかったです。

この記事へのコメント

最近の記事