第12回山口ギターフェスティバル 開催

2021フェス.jpg

昨年は中止になってしまいましたが、今年は5月16日(日)13時より、下関市生涯学習プラザ風のホールで開催いたします。入場無料です。
当初は有志による大合奏も予定していましたが、こちらは残念ながら取りやめにいたしました。

山口県を中心に広島県・福岡県より50名のギター愛好家の皆さんが参加されます。

僕は、八幡で練習をしている「パストラーレギターアンサンブル」の仲間とのアンサンブル、そして今年初参加の福岡在住のマンドチェロ奏者北島温子さんとアサド作曲の「ジョビニアーナNo4.」(なかなか難曲です)を演奏するほか、今年初試みですが県内ギター講師による四重奏でちょっと砕けた曲を演奏いたします。

また、先日亡くなられました濱田滋郎先生を勝手に偲び・・先生編曲になるグラナドス作曲の組曲「若き日の物語」より“捧げる言葉”と、ずーーっと以前に広島のエル・コンドル(藤井寿一)さんが亡くなられた年の「広島ギタースクール」で、同じように追悼の気持ちで演奏しましたE.S.デ・ラ・マサ作曲の「夜明けの鐘」を、フェス開始冒頭のトップバッターで演奏します。

コロナ感染対策は充分注意して開催いたしますが、ご来場の折にはマスク着用や消毒など、無理のない範囲内でご協力をお願いいたします。

この記事へのコメント

最近の記事