宇部レッスン

総合福祉会館.jpg宇部隣保館.jpg手ほどき.jpg

昨日は朝から宇部での掛け持ちレッスンでした。
去年買った手帳のカレンダーに従って動いてましたら、いつの間にやら祝日が移動してたんですね。
休日にもかかわらず生徒さんにはお集まりいただき、ありがとうございました。

総合福祉会館の「ふれあい塾」では、まったくの初心者の方からそこそこ経験のある方まで、3クラスに分かれてのレッスンです。
5月から開始して、①弦から⑥弦までのローポジションの音を音符や指板表を使って覚えていただき、いろんな単音メロディをひいていただいてきました。
今回から、開放弦ではありますが二音・三音のコードびきをやっていただきました。ちょっとギターっぽくなって、喜んでいただいたようです。
生徒さんから、お昼ご飯を会館隣接の食堂でおごちそうになりました。おいしゅうございました、ご馳走さまでした

毎回課題を自作しておりますが、枚数がそこそこ多くなり、そろそろ収拾がつかなくなりそうです。
「フィナーレ」をずっと以前から使っていますが、“TAB”というのは25年のフィナーレ人生で今回初めて使いました。
だいぶいろんな設定にも慣れてきました。

お昼からは会場を隣保館に移して個人レッスンでした。
今日のレッスンの最後は山口大学大学院の学生さんが来られました。「ふれあい塾」の最高齢の方が80数歳、学生さんは24歳くらい・・
年齢、人生経験の違いはあっても、皆さん等しくギターで楽しんでいただきたいですね。

9月の発表会の申し込み書ができ、ぼちぼち生徒さんに配布しております。オリンピックも気になりますが、新たな目標頑張りましょう。

この記事へのコメント

最近の記事