天神くらいねギター教室ティータイムコンサートNo.24

21.10月くらいね24 (更新).jpg


「天神くらいねギター教室ティータイムコンサート」です。24回目の今回は「10月ゆかりの作曲家たち」と題しまして、10月生まれの武満徹さん、林光さん、ドメニコ・スカルラッティ、ニコロ・パガニーニとアントニオ・ソレルの作品をソロと二重奏で演奏いたします。二重奏共演は橋口武史さんです。入場料1500円、定員8名さまです。
終演後、ささやかですがティーブレイクをいたします。

ソロでは、武満徹さんがギターの名手ジュリアン・ブリームのために1986年に作曲した「すべては薄明のなかで」より第三・第四楽章です。クレーの絵にインスパイアされて作られました。ソロではほかに、スカルラッティのソナタを4曲(ニ短調L.366・イ長調L.483・ホ短調L.352・ホ長調L.23)と同じくイタリアの作曲家・ヴァイオリニストのパガニーニが作った「ヴァイオリン伴奏付きのギター・ソナタ」より第二楽章“ロマンス”です。ポンセによる半音階を多用したアレンジで演奏します。

橋口さんとの二重奏では、武満さんの映画音楽「どですかでん(鈴木大介編曲)」、様々なジャンルにたくさんの作品を遺した林光さんが1960年にギター二重奏のために作った「2つのギターのための練習曲」、横尾幸弘さんの編曲によるスカルラッティのソナタ集、スカルラッティの弟子であったアントニオ・ソレルのソナタなどを演奏いたします。

お問い合わせ・ご来場ご希望の方は電話・メールなどでお気軽にご連絡ください。
 ☎090-9608-2737メール  qwq10511nakano@gmail.com

この記事へのコメント

最近の記事